ゆるく暮らす

ゆるく、楽に、シンプルに。

ゆるく暮らす

モノを保管・管理するコストを意識する

使っていないモノの保管にもコストが掛かっています。

 

使わなくなっていた詰め替えボトル

f:id:chocodonut:20180731110737j:plain

洗濯用液体洗剤の詰め替えに使っていたボトル。

 

いつも使っている液体洗剤が合わないのか、

ボトルの口に洗剤が残ってしまって

蓋をしめる度に少しずつ洗剤が漏れて

ぬるぬるするようになってしまいました。

 

洗ってもまたすぐ同じ状態に戻るので

最近は、洗剤はこれに詰め替えないで使っていました。

 

同じタイプのボトルを柔軟剤などにも使ってるのですが

他は大丈夫で、いま洗剤だけボトルが不揃いな状態。

 

違う洗剤にすればまた合わせて使えるかも

と洗面台の収納スペースに置いて取っておいたのですが

とうとう捨てることにしました。

 

収納スペースを見る度に気になっていたので

すっきりした気持ちです。

カラで置いてあっただけですしね・・・。

 

我が家の洗剤置き場は洗面台の下で

よくある観音開きの扉が付いているタイプ。

 

扉の中で常に見える場所にある訳ではないので、

そもそもボトルの詰め替え自体不要かもと思えてきました。

 

ただ、形が揃った容器だと収納しやすいメリットもありますし

扉を開けた時にスッキリして見えるのは

自分のモチベーションにも繋がっているように思うので

詰め替えについては引き続き検討したいと思います。

 

 モノを置いておくコスト

「モノを置いておくのにもコストがかかる。」

 

会社でむかし上司に言われた言葉です。

 

そりゃそうですよね。と

頭ではわかっていました。

 

でも正直 会社のスペース、

会社が払っている賃料など

どこか他人事のように思ってしまいますよね。

 

断捨離やシンプルな暮らしをはじめて

確かに「念のため」「もったいないから」

と何となく置いてあるモノにも

家賃を払っているんだよなぁ

と考えるようになりました。

 

あらためてモノを保管するコストを

意識するようになりました。 

 

買う時にも保管や処分を意識する

何かを買おうという時にも購入金額だけでなく、

  • 置いておくコスト(家賃)
  • 管理するコスト(掃除する時間、それにかかる掃除用具など)
  • 手放すコスト(粗大ごみ料金、リサイクル手配の時間)

上記を考えるようにします。

 

根っからの面倒くさがりな私などは

上記のような検討をしている段階でたいてい

「もう面倒だからいいや」となってしまいます。(笑)

 

面倒フィルターを通過した

本当のお気に入りと必要なものだけで

暮らせるようになりたいです。

 

まだ断捨離の日々は続きます。