ゆるく暮らす

ゆるく、楽に、シンプルに。

ゆるく暮らす

ラク家事。少しずつのオキシ漬け

少しずつのオキシ漬けが楽でおすすめです。

 

オキシ漬けとは

今更ながら説明の必要もないかもしれませんが、

オキシ漬けとは「オキシクリーン」という漂白剤を使って

つけ置き洗いをすることです。
www.oxicleanjapan.jp

 

たくさんの方がキッチンのシンクやお風呂の浴槽で

つけ置きしている画像を公開されていたりして

ご存知の方も多いと思います。

 

オキシクリーンとは

あらためてオキシクリーンとは、

アメリカ生まれの酵素系漂白剤です。

公式サイトでは以下のように解説がありました。

酸素の泡が衣類などの汚れを徹底的に浮き出させ、スッキリ洗浄します。
酸素パワーは強力な洗浄力にもかかわらず、衣類を傷める事が少なく、使うほど驚きの白さを取り戻します。

食べこぼしなどの突然の汚れだけでなく毎日のお洗濯にもオススメです。

もちろん、衣類の洗濯だけではなく、キッチン、お風呂場、トイレ、洗面所、洗濯槽、リビングなどの屋外など1本で様々なお掃除の場面で活躍してくれます。酸素系漂白剤「オキシクリーン」があれば、もう洗剤をたくさん揃える必要はありません。

万能で色々使えるオキシクリーンは

ミニマリストに最適かもしれません。

 

と言いつつ、私は洗剤は別で使っていて、

あくまでも漂白の用途で使っています。

 

塩素系漂白剤のような匂いがないので

使いやすいです。

 

以前は塩素系漂白剤を使用していましたが

今はこちらを使用しています。

 

アメリカ版と日本版オキシクリーン

オキシクリーンには

界面活性剤入りのアメリカ版と

界面活性剤が入っていない日本版がありますが、

私は日本版を使っています。

f:id:chocodonut:20180808121437j:image

アメリカ版は微香ですが、日本版は無香です。

お好みで選んでください。

 

気軽に少しずつオキシ漬け 

シンクや浴槽で色々なものをブクブクつけ置きするのが

よく見る「オキシ漬け」なのですが

私は少しずつやることが多いです。

 

アレもコレもと放り込んで

いっぺんにキレイにするっていうのは

一見楽に思えるのですが

 

漬けた後のモノを洗って乾かしたりっていう

オキシ漬け後の処理をするモノが

少ないほうが私にとっては楽なのです。

 

色々やろうと思うと、

やるぞー!って気合いが必要なので(笑)

 

簡単。コップのオキシ漬け(画像あり)

相方のコップの茶渋が気になってきたので

オキシ漬けをしました。

 

オキシクリーンを少量コップへ投入し

コーヒーを飲む時に沸かしたやかんのお湯を

じゃーっとそそぎます。

 

ビフォー。(汚画像すみません。)

f:id:chocodonut:20180808114248j:image

 

お湯を入れたら待つこと15~20分ほど。

待つといっても

別のことをやって放置しているだけです。 

 

 

 アフター。

f:id:chocodonut:20180808114252j:image

買ってきたときのようにピカピカです。

気持ちいい!

 

ほったらかしで

朝のコーヒータイムの間に済んじゃいますよ。 

 

ずぼらな人は少しずつがおすすめ

我が家二人とも会社へ水筒でお茶を持っていっていて

(今は相方だけですが)

水筒の内側もすぐ茶渋がついてしまうのですが、

こんな感じのオキシ漬けで簡単にキレイに。

少しだけなら思いついた時にすぐできます。

 

このスッキリ感にはまりすぎて、

早く汚れないかな と思ってしまうほど・・。

 

ずぼらな人は

少しずつのオキシ漬けが楽なので試してみてください。

 

 

公式サイトにも色々な使い方がのっています。

www.oxicleanjapan.jp