ゆるく暮らす

ゆるく、楽に、シンプルに。

ゆるく暮らす

おいしい非常食

自分なりに防災対策をしていますが、

食料品について改めて備えを確認しました。

 

 

ストック食料の確認

非常食とローリングストックできる日常食

両方を持つようにしています。

 

非常食の賞味期限を確認したところ、まだ大丈夫でした。

来年切れるものがいくつかあるので

忘れずに買い替えないといけません。

 

定期的に見直してはいますが、あらためてストックの中でも

期限の近いものが目に付きやすいように場所を整えました。

 

ローリングストックのほうは、少な目となっていました。

最近の災害の多さに不安になり

缶詰やインスタントラーメン、すぐに食べられるお菓子類を

慌てて買い足しました。

 

おいしい非常食との出会い

ところで以前勤めていた会社では、

非常用の備蓄食料とお水の賞味期限が迫った際に

従業員へ配っていました。

 

そこで出会ったのが、尾西さんのアルファ米シリーズです。

www.onisifoods.co.jp

 

お湯で約15分、お水だと約60分でご飯ができます。

スプーンが付いており、袋のまま作って食べられるので

食器などを用意する必要もありません。

 

簡単なのに、おいしいご飯ができます。

出来上がりの量はお茶碗2杯分くらいあり、

女性は食べきれないほどの量があります。

 

非常食でこんなにおいしいものがあるんだと

その技術に感動しました。

 

種類も豊富です。

おかゆは食べやすいけれど

腹持ちするのは、やはりご飯ですね。

個人的に一番のおすすめはわかめごはんです。

 

少しでも安心できるように

ずっと東京に暮らしているので

東日本大震災の時に帰宅困難や計画停電を経験したり、

スーパーやコンビニで食料や日用品の仕入れ困難な状況を

目の当たりにしたりといったことはありましたが、

幸いなことに大きな被災はしたことがありません。

 

そのため、実際に被災した際の状況は

想像でしかありませんが、おいしいものがあるというのは

不安な中でも少し安心に繋がるのではないかと思っています。

f:id:chocodonut:20180913114415j:image

尾西さんのご飯は私も相方も食べてみて

おいしいと思ったので、多めに備えています。

 

持ち運びが軽く

アウトドアなどにも使えると思いますので、

日常食としてはやや高いですが

試食を兼ねて召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

 

ふるさと納税の返礼品にも防災用品があります

ちなみに昨年、茨城県境町さんのふるさと納税で

非常食や防災用品をいただきました。 

尾西さんのアルファ米もあります。

 

また、境町さんは返礼品に非常食や防災用品があるだけでなく

北海道胆振東部地震の代理寄付も受付されています。

www.furusato-tax.jp

 

今週のお題「わが家の防災対策」