ゆるく暮らす

ゆるく、楽に、シンプルに。

ゆるく暮らす

豊洲市場見学

豊洲市場を見てきました。

 

先日は築地近辺を一人散歩してきたのですが。

www.yurukuma.com

 

休日に相方と出かけたついでに

豊洲市場でも見に行こうかーとなり、行ってみました。

www.shijou.metro.tokyo.jp

 

移転後はじめての訪問

市場移転前にも豊洲市場を見に来たことがあります。

もちろん外からしか見られませんが、

広大な敷地に建物がどーんとあって、

車も歩行者も少ししか通っていなくて、

廃墟みたいな雰囲気がちょっと怖かった記憶があります。

 

こんなの作ったのに使われてないんだなぁ・・

と難しい気持ちにさせられました。

 

今回、移転後に初めて訪れたのですが、

当然ながら周辺道路には車がたくさん通っていて

市場前の閑古鳥が鳴いていたガソリンスタンドも

忙しそうに営業されていました。

 

バス停にカバーがかかっていた都営バスも

ようやく開通してバスを待つ人が並んでおり、

ゆりかもめの市場前駅も

大勢のお客さんが乗り降りしています。

 

営業が始まったので当たり前なのですが、

なんかすごいねぇと二人でしみじみしました。

 

散歩と別の用事のついでだったので

割とのんびりと向かったため、

到着したのは14:30頃でした。

 

見学者コース

一般向けに、無料の見学者コース

というのがあるようなので見てみます。

豊洲市場の見学について|東京都中央卸売市場

f:id:chocodonut:20181029163346p:plain

※画像は公式サイトからお借りしました。

 

水産仲卸売場棟

最初に水産仲卸売場棟に向かうと

飲食店の並ぶ一角があったのですが

時間が遅いこともあり殆どが閉店していました。

一部の開いているお寿司屋さんに行列ができています。

 

更に見学者通路を進み、仲卸売場棟の4階にあがると

お茶や乾物、卵焼きやお土産などが買える

商店街のようなエリアがあります。

 

こちらも私たちの行った15時前だと

開いていたのは3~4店舗のみでした。

 

お店が開いていたら賑わっているんだろうなぁ~

とパシャリ。

f:id:chocodonut:20181029162342j:image

 

一般見学の時間は開場日の5時~17時ですが、

お店を見たり食事をしたい場合は

お昼位までには来ないと楽しめないですね。

 

あまりにも営業してないので、

見学も17時までやらなくていいのではと

思いました。

 

警備の方もたくさんいらしたので、

開けてるだけでも

お金が馬鹿にならないでしょうしね・・。

 

また、この棟の屋上は緑化広場になっており

そちらも見学できます。

 

水産卸売場棟

隣の水産卸売場棟にも行ってみました。

f:id:chocodonut:20181029162355j:image

 

こちらにも飲食店街があります。

同じくもうほとんどが閉まっていました。

 

そこを抜けていくと、

大きなクロマグロさんがお出迎え。

f:id:chocodonut:20181029162418j:image

築地市場で取引された最大級のサイズということです。

長さ2.88mと書いてあります。

 

こんな感じで見学者向けの展示物やパネルも

ちょこちょこあります。

 

このクロマグロの奥に

マグロのセリが上から見学できるデッキがありました。

 

さいごに

あと青果棟も見学できるようですが、

私たちは上記の2棟を見て帰りました。

 

歴史のある市場も良かったですが、

今の清潔で広々した市場のほうが

個人的には良いと思います。

 

無料なので、お台場に行くついでなど

立ち寄ってみると面白いと思います。

但し、市場がお休みの日は見学もできないので

確認してからご訪問ください。

 

結構な広さがあるので、

特に買うものがなくても良いお散歩になります。

 

今度行くときは

もう少し早く行ってみたいと思います。