ゆるく暮らす

ゆるく、楽に、シンプルに。

ゆるく暮らす

皇居乾通りと東御苑で秋の終わりを感じる

日曜日、皇居乾通り一般公開の見学と

皇居東御苑を歩いてきました。

 

春と秋に一般公開される乾通り。

なるべく毎回行くようにしています。

皇居乾通り一般公開は,平成26年に,天皇陛下の傘寿を記念して,初めて春季と秋季に実施したもので,大変好評であったことにかんがみ,平成27年秋季から,毎年春季の桜の時期と秋季の紅葉の時期に実施しているものです。

 皇居乾通り一般公開について - 宮内庁

 

今秋の公開期間が

12月9日日曜日まででしたので、

最終日となる日曜日に訪れました。

 

 

皇居乾通り

有楽町から坂下門へ歩きます。

f:id:chocodonut:20181211172819j:image

皇居の周辺を散歩するだけでも

広々気持ちいいです。

 

坂下門から皇居乾通りへ

荷物検査とボディーチェックの後、

坂下門から皇居へ入ります。

 

一般公開のコース

※宮内庁ホームページより

f:id:chocodonut:20181211182148p:plain

 

坂下門を入ってすぐ、宮殿へ通じる道。

f:id:chocodonut:20181211172834j:image

 

宮内庁庁舎

f:id:chocodonut:20181211172851j:image

 

紅葉と石垣

f:id:chocodonut:20181211172905j:image

 

モミジやイチョウ、フユザクラなど

様々な植物が植えられているので、

坂下門から乾門までは約750mほどと

短い距離ではありますが、楽しいです。

 

f:id:chocodonut:20181211172918j:image

 

モミジは少し枯れ始めているものがありました。

もう秋も終わりですね。

 

f:id:chocodonut:20181211172937j:image

 

富士見多聞

f:id:chocodonut:20181211172954j:image

 

桜の季節も紅葉の季節も楽しめるように

うまく植樹されています。

 

 

乾門方面か、

東御苑を通って大手門方面へ

出口が分かれます。

 

私は東御苑も散策したいので

東御苑~大手門方面へ出ます。

 

皇居東御苑

東御苑は広場や休憩所もあり、

またこちらも様々な植物がみられるので

ゆっくり散策するのにぴったりです。

 

春の乾通り公開の時には

芝生で日向ぼっこしている人がいっぱいです。

 

先日までは暖かかったので、

秋の日向ぼっこもできそうでしたね。

 

私の行った日曜日は冷たい風が吹いていて、

流石に芝生で休む人はいませんでした。

f:id:chocodonut:20181211173023j:image

 

果樹古品種園

東御苑には、

江戸時代からの古い品種の果樹を

植樹している果樹古品種園という一角があります。

 

天皇皇后両陛下がご植樹されたそうです。

皇居東御苑:天皇皇后両陛下のご植樹 - 宮内庁

 

ちょうど実りの季節で綺麗になっており、

大勢の人が眺めたり写真を撮ったりしています。

 

f:id:chocodonut:20181211173043j:image

f:id:chocodonut:20181211173056j:image

 

f:id:chocodonut:20181211173113j:image

本当に綺麗になっている実を

近くで見ることができ、感動します。

 

あまり詳しくなく恐縮ですが、

古品種ということで貴重なものを

身近に感じられる場を用意してくださり

大変ありがたいです。

 

おわり

大手町のビルと、

石垣と、

紅葉。

f:id:chocodonut:20181211173154j:image

 

時代や季節を感じながら

ぶらりと散歩ができました。

 

もう秋はおわり、冬ですね。