ゆるくま:野菜の正しい保存方法

ゆるくま:野菜の正しい保存方法

キッチンで新鮮な野菜を食べることほど楽しいことはありません。果物や野菜の健康的な鮮やかな色は、その新鮮さは、誰もが口をゆすぐままにするのに十分ですが、あなたの食事に審美的な魅力を追加します。そのため、野菜はできるだけ長く新鮮な状態を保ちたいものです。

ゆるくま」では、簡単にできるコツをお伝えします。その中には、野菜を長く保存するための正しい詰め方のアイデアも含まれていますよ 

でもその前に、まずは生鮮品の保存方法に注目したほうがいい理由をご紹介します。それでは早速、ご紹介していきましょう。

ゆるくま:正しい保存方法の重要性

野菜や果物の正しい保存方法を学ぶことは、健康的な生活を送る上で欠かせないことです。野菜は上手に保存しないとすぐに腐ってしまいますし、収納棚から細菌や雑菌がたまってしまうこともあります。そのため、食中毒で体調を崩さないためにも、正しい保存方法を知っておくことが大切です。安全な食品保存の他のメリットをチェックしてみましょう。

  • 食品に異物混入を寄せ付けないようにする 
  • 保管期間を長くする
  • キッチンを整理整頓
  • 調理時の食材の下ごしらえが楽になる
  • 食中毒のリスクを回避

適切な食品保存の重要なポイントを整理したところで、ここでは野菜の適切な保存方法をご紹介しましょう

ゆるくま。野菜の保存方法のコツ

新鮮な野菜を食べることは、健康的な食生活の一部です。新鮮な果物や野菜は、新鮮なものほど栄養価が高い傾向にあります。そのため、その日に必要なものだけを買うようにしましょう。確かに、人によっては面倒くさいかもしれません。しかし、良いところは、きちんとした保存方法を知っていれば、最低でも2~3日以上は保存できることです。

ゆるくま」の保存方法を参考にして、買い物に行く手間を省いて、節約しましょう。

  • 生鮮野菜は洗わずに保存しましょう。水は濡れた表面に雑菌を呼び込み、腐敗の時間を長くしてしまいます。汚れた収穫物は洗ってすぐに乾かすのがベスト。 
  • クリンキングラップに包んだり、密閉容器に入れて保存することで、食材を汚さず、鮮度を閉じ込めることができます。
  • 腐敗している食品の部分は取り除いておきましょう。そうすることで、他の生鮮食品への汚染を防ぐことができます。
  • 生鮮品は必ず冷蔵庫の中に入れ、直射日光を避けて保管しましょう。
  • 食品を保管する際には、適切なパートナーと一緒に保管するようにしましょう。野菜の中には、高いレベルのエチレンガスを発生させるものがあり、そのために周りのものが早く熟すことができます。
  • 果物と緑の野菜は分けましょう。果物と緑の野菜を一緒に入れると、野菜が黄色くなってしまいます。

Leave a Comment